2011年11月12日

お知らせ


資料入力中につき、まだ未完成の目録となっています。
関係者の皆様、どうかご了承ください。
posted by 事務局 at 13:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書籍・雑誌など


書架.jpg

〔書籍(教育・学校)〕
里見実『パウロ・フレイレ「被抑圧者の教育学」を読む』(太郎次郎社エディタス、2010)
高橋勝『子ども・若者の自己形成空間』(東信堂、2011)
千葉保『食からみえる「現代」の授業』(太郎次郎社エディタス、2011)
千葉保『はじまりをたどる「歴史」の授業』(太郎次郎社エディタス、2011)
佐藤学ら『言葉という絆〈学びと文化2〉』(東京大学出版会、1995)
乾彰夫ら『教育の方法』(岩波書店、1987)
米田俊彦『学校沿革史の研究〈高等学校編T〉』(野間教育研究所、2011)
廣田照幸『〈自由への問い5〉教育』(岩波書店、2009)
廣田照幸『愛国心のゆくえ』(世織書房、2005)
廣田照幸『教育不信と教育依存の時代』紀伊國屋書店、2005)
竹内常一『子どもの自分くずしと自分つくり』(東京大学出版会、1987)
竹内常一『日本の学校のゆくえ』(太郎次郎社、1993)
和田修二『教育する勇気』(玉川大学出版部、1995)
田浦武雄『教育の現象学』(福村出版、1975)
松原治郎『日本青年の意識構造』(弘文堂、1975)
斉藤喜博『斎藤喜博全集(8)』(国土社、1970)
八杉晴実『学び好きな子に育てる』啓明書房、1987)
八杉晴実『塾は学校を超えられるか』(三一書房、1983)
橋本甜歌『十二歳の友情論』(ブックマン社、2006)
江原由美子『生活世界の社会学』(勁草書房、1992)
江藤恭二ら『子どもの教育の歴史』(名古屋大学出版会、2008)
助川幸逸郎ら『〈国語教育〉とテクスト論』(ひつじ書房、2010)
J・デューイ『学校と社会』(岩波書店、1957)
P・フレイレ『被抑圧者の教育学』(亜紀書房、1979)
P・フレイレ『希望の教育学』(太郎次郎社、2001)
P・フレイレ『伝達か対話か』(亜紀書房、1982)
フランソワ・ジュリアン『道徳を基礎づける』(講談社現代新書、2002)
S・B・メリアム『〈質的調査法入門〉教育における調査法とケース・スタディ』(ミネルヴァ書房、2009)

〔雑誌・冊子(教育・学校)〕
『教育文化学部研究紀要〈自然科学:66〉』(秋田大学教育文化学部、2011)
『教育文化学部研究紀要〈教育科学:66〉』(秋田大学教育文化学部、2011)
『国立教育政策研究所年報〈21〉』(国立教育政策研究所、2010)
『学園論集〈148〉』(北海道学園大学学術研究会、2011)
『教育学研究科紀要〈19〉』(早稲田大学大学院、2011)
『教育デザイン研究〈1〉』(横浜国立大学教育デザイン研究会、2010)
『教育デザイン研究〈2〉』(横浜国立大学教育デザイン研究会、2011)
『NHK全国学校音楽コンクール〈中学校の部:課題曲「証」女声三部合唱〉』(日本放送協会、2011)
『NHK全国学校音楽コンクール〈中学校の部:課題曲「証」混声三部合唱〉』(日本放送協会、2011)
『研究紀要(一般教育・外国語・保健体育)〈第67号〉』(日本大学経済学部、2011)
『東京女子体育大学・短期大学紀要〈46〉』(東京女子体育大学・短期大学、2011)
『ひと(第127号)』(太郎次郎社、1983)
『ひと(第119号)』(太郎次郎社、1982)
『ひと(第117号)』(太郎次郎社、1982)
『ひと(第115号)』(太郎次郎社、1982)
『ひと(第104号)』(太郎次郎社、1981)
『生活指導〈9月号〉』(明治図書、2011)
『世界思想〈36〉』(世界思想社、2009)
『教員養成セミナー〈32:9〉』(時事通信社、2009)

〔新聞(教育・学校)〕
『キリスト教学校教育〈10〉』(キリスト教学校教育同盟、2011)
『キリスト教学校教育〈09〉』(キリスト教学校教育同盟、2011)

***

〔書籍(教科教育法)〕
千葉保『お金で泣かないための本』(太郎次郎社エディタス、2011)
嶺竜一『農を楽しくする人たち』(ダイアモンド社、2011)
竹下光彦『グロービッシュ入門』(サンマーク出版、2011)
祐木亜子『女子の論語』(サンマーク出版、2011)
清水章弘『勉強がキライなあなたへ』(高陵社出版、2011)
清水章弘『習慣を変えると頭が良くなる』(高陵社書店、2010)
松澤孝幸『物理のたんきゅう』(開成出版、2010)
和田利政『国語要説』(大日本図書、2006)
A・シューズ『ドイツは脱原発を選んだ』(岩波ブックレット、2011)

〔雑誌(教科教育法)〕
『学苑〈第851号〉』(昭和女子大学、2011)
『学苑〈第852号〉』(昭和女子大学、2011)
『クラシックジャーナル(41)』(アルファベータ、2011)
『花嫁さん全集』(主婦之友社、1937)

〔辞典〕
『教育学用語辞典』(学文社、1990)
『用字用語辞典〈第三版〉』(三省堂、1989)
『五體字類』(西東書房、1988)

※なお、繁雑になるため、巻数号数や副題等は省略してあります。
最終更新日(2011年11月10日)
posted by 事務局 at 13:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

冊子・レジュメなど


書架.jpg

〔冊子(教育・学校)〕
「青山学報〈第236号〉」(青山学院大学、2011)
「青山学報〈第235号〉」(青山学院大学、2011)
「青山学報〈第234号〉」(青山学院大学、2010)
「青山学報〈第231号〉」(青山学院大学、2010)
「青山学報〈第230号〉」(青山学院大学、2009)
「青山学報〈第229号〉」(青山学院大学、2009)
「青山学報〈第228号〉」(青山学院大学、2009)
「青山学報〈第227号〉」(青山学院大学、2009)
「青山学報〈第226号〉」(青山学院大学、2009)
「青山学報〈第223号〉」(青山学院大学、2008)
「青山学報〈第222号〉」(青山学院大学、2007)
「青山学報〈第221号〉」(青山学院大学、2007)
「青山学報〈第216号〉」(青山学院大学、2006)
「青山学報〈第215号〉」(青山学院大学、2006)
「青山学報〈第213号〉」(青山学院大学、2005)
「青山学報〈第212号〉」(青山学院大学、2005)
「青山学報〈第211号〉」(青山学院大学、2005)
「青山学報〈第209号〉」(青山学院大学、2004)
「青山学報〈第208号〉」(青山学院大学、2004)
「青山学報〈第207号〉」(青山学院大学、2004)
「青山学報〈第206号〉」(青山学院大学、2003)
「青山学報〈第203号〉」(青山学院大学、2003)
「青山学報〈第201号〉」(青山学院大学、2002)
「青山学報〈第199号〉」(青山学院大学、2002)
「AGU News〈第59号〉」(青山学院大学、2011)
「AGU News〈第58号〉」(青山学院大学、2011)
「WESLEY HALL NEWS(第106号)」(青山学院大学、2011)
「〈よりよい授業を行なう取組〉に関するアンケート回答集」(青山学院大学、2007)
「First Year English ハンドブック」(國學院大学、2009)
「青山学院の現状」(青山学院大学、2008)
「女子校の未来を拓く(T)」(鷗友学園女子中学校・高等学校、2009)
「女子校の未来を拓く(U)」(鷗友学園女子中学校・高等学校、2010)
「清泉女子学院中学校高等学校・学校案内」(清泉女子学院、2011)
「品川女子学院 学校説明会」(品川女子学院、2010)
「2006年度 説明会資料」(洗足学園中学校、2006)
「ATOMI 2010学校情報」(跡見学園中学校、2009)
「私たち、こうじまち。〔中学校編〕」(麴町学園女子中学校・高等学校、2006)
「宗教の授業ってどんなことをするの?」(武蔵野女子学院中学校・高等学校、2005)
「玉川聖学院の教育」(玉川聖学院中等部・高等部、2006)
「〈二八人・四学級〉と施設再開発」(成蹊学園小学校、2005)
「学園アンプレッセ(第40号)」(四條畷学園、2008)
「隆徳館学校案内」(沖学園隆徳館中学校・高等学校、2007)
「丘の風(140号)」(千葉県松戸市立第一中学校、2008)
「PTA通信(136号)」(千葉県松戸市立第一中学校、2007)
「平成21年度 郡山第二中学校学校経営・運営ビジョン」(福島県郡山市立郡山第二中学校、2009)
「指導の基本方針」(神戸大学附属住吉中学校・中等教育学校、2009)
「学校だより〈10月号〉」(新潟県新発田市立紫雲寺小学校、2009)
「むさしだい〈11月号〉」(東京都中野区立武蔵台小学校、2010)
「緑中学校だより(11 月号)」(埼玉県春日部市立緑中学校、2010)
「金石中学校だより(第6号)」(石川県金沢市立金石中学校、2010)
「校長室だより(第3号)」(大阪府東大阪市立柏田中学校、2010)
「生徒指導部だより(7月4日:発行)」(大分県大分県立高田高等学校、2009)
「生徒指導部だより(5月22 日:発行)」(大分県大分県立高田高等学校、2009)
「一人ひとりの子どもを大切にする学校をめざして〔U〕」(川崎市教育委員会、2010)

〔冊子(教科教育法)〕
「裁判員制度ナビゲーション」(最高裁判所、2011)
「文藝かわはぎ〈第5号〉」(文藝かわはぎ事務所、2010)

最終更新日(2011年11月10日)
posted by 事務局 at 09:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

複写資料


書架.jpg

〔複写資料(教育・学校)〕
佐藤学「〈義務教育〉概念の歴史的位相」(『教育学研究』2005)
佐藤学「教育学研究における若手育成」(『日本教育学会大會研究発表要項』2009)
佐藤学「学びの共同体の系譜」(『国立女性教育会館研究紀要』2002)
佐藤学「学力研究の諸課題」(『学校臨床研究』2003)
佐藤学「国語教育の過去・現在・未来」(『国語科教育』2001)
佐藤学「学力研究の諸課題」(『学校臨床研究』2003 )
佐藤学「いじめ問題の多角的検討:日英での取り組みの現状と課題」(『ネットワーク年報』2000)
佐藤学「学びの共同体としての学校へ」(『教育学研究』2000)
佐藤学「子どもの危機の様相と保育への期待」(『日本保育学会大会研究論文集』1999)
佐藤学「新しい公共圏の創出へ」(『教育学研究』1999)
佐藤学「私のアクションリサーチ」(『ネットワーク年報』2003)
佐藤学「リテラシーの概念と再定義」(『教育学研究』2003)
辻大介「つながりの不安と携帯メール」(『関西大学社会学部紀要』2006)
阿部昇「国語科の教科内容解明という課題」(『全国大学国語教育学会発表要旨集』2004)
桂文子「〈書評〉『越境する知〈6〉』」(『アジア社会文化研究』2003)
横山卓「現代の子ども像に関する一考察」(『福岡女子短大紀要』2005)
村井尚子「〔子どもという人間〕への理解〈1〉」(『大阪樟蔭女子大学人間科学研究紀要』2008)
田中和子「超高齢化社会はジェンダーの見直しで乗り切ろう」(出所不詳、年代不詳)
大谷良光「カリキュラム開発論の問題と課題」(『弘前大学教育学部紀要』2002)
大林知子「授業における〈問い〉の意義と役割」(『教育学研究科論文集』2009)
濱谷英次「生活インフラとしての携帯電話」(『情報化社会・メディア研究』2009)
椛島彩子「子どもをめぐる自己肯定感・セルフエスティームについて」(『人間社会研究科紀要』2005)
名城嗣明「自己受容と他者受容の関係についての実験的研究」(『琉球大学教育学部研究集録』1961)
小池順子「学校において〈法やきまりの意義〉を教える難しさと可能性について」(『千葉経済論叢』2008)
岡田有司「学校生活の下位領域に対する意識と中学校への心理的適応」(『パーソナリティ研究』2008)
安藤明伸「教育分野における携帯電話利用の現状と展望」(『システム制御情報学会誌』2006)
石川勝博「大学生の「ケータイ・コミュニケーション」にみられる男女差」(『学報T-A』2006)
野呂アイ「学生青年における友人とのケータイ・コミュニケーション観」(『尚絅学院大学紀要』2007)
石中英ら「中国における教育改革と教育学研究の現状と課題」(『教育学研究』2009)
久保千恵子「情報産業社会の中で生きている子どもたちについての一考察」(『研究年報』2008)
岡本由起子「〈ケータイ中毒〉を調査してみて」(『情報知識学会誌』2008)
今津孝次郎「ケータイのリスクに関する高校生のエンパワーメント」(『金城学院大学論集』2009)
高橋あつ子「自己肯定感促進のための実験授業が-略」(『教育心理学研究』2001)
千々布敏弥「教師の暗黙知の獲得戦略に関する考察」(『国立教育政策所紀要』2010)
假屋園昭彦「児童の対話活動に対する教師の指導的参加の分析的研究」(『教育学部研究紀要』2010)
三浦正江ら「中学生における心理ストレスの継時的変化」(『教育心理学研究』1996)
大貫和則ら「高校生のケータイメール利用時に重視される社会的スキル」(『日本教育工学会誌』2007)
和田修二ら「学校教育のあり方を問う」(『日本教育学会大會研究発表要項』1999)
阿部明子ら「今、子どもの危機に保育はどう向き合うか」(『大会研究論文集』1999)
國田祥子ら「ケータイ小説の書式が読みやすさと印象形成に及ぼす影響」(『心理学研究』2009)
大谷良光ら「高校生の「ケータイ被害」予防措置状況と-略」(『弘前大学教育学部紀要』2010)
江原由美子ら「教育学研究における若手研究者育成」(『教育学研究』2010)
大場志津子ら「子どもの〈学び〉と授業研究」(『教育実践総合センター紀要』2007)
安西祐一郎ら「教育政策と教育学研究との対話」(『教育学研究』2008)
久芳美恵子ら「小、中、高校生の自己肯定感に関する研究」(『東京女子体育大学紀要』2007)
竹田レイ子ら「自尊感情が学校内不安に及ぼす効果研究」(『第67回大会発表論文』2003)

〔複写資料(教科教育法)〕
別処珠樹「危険な毛染め剤を使う前に」(『生活と環境』2003)

※なお、繁雑になるため、巻数号数や副題等は省略してあります。
最終更新日(2011年11月10日)
posted by 事務局 at 09:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

古文書・古資料など


書架.jpg

〔文書〕
鳥野幸次文書(1)「安房神社献詠哥(2)」(1940年ごろか)自筆の書き込み多数。
鳥野幸次文書(2)「自筆草稿」(1930年〜1940年ごろか)宮内省・宮内府の用箋に自筆。
鈴木瑞彦文書(1)「書簡類」(年代不詳)金地院住職の山尾宗愔。表具商の石川萬榮堂の名あり。
鈴木瑞彦文書(2)「草稿類」(年代不詳)借用書など。
鈴木瑞彦文書(3)「證文類」(明治期〜昭和期ごろか)鈴木家の種痘に関する證文など。
世界教育会議関係文書(1)第7回世界教育会議で使用されたレジュメ。
世界教育会議関係文書(2)第7回世界教育会議で使用されたパンフレッド。
外務省関係文書(1)「外務省記録」の写本か。「帝國圖書館所蔵」などの印あり。
外務省関係文書(2)「外務省記録」の写本か。
新潟県刈羽郡養蚕家文書(1)養蚕日記。
新潟県刈羽郡養蚕家文書(2)農商務省からの證書など。

〔和本・冊子など〕
「重訂十四経発揮」(1695年)全体に痛み。
「和語医療指南」(1714年)全体的に痛み。岡本一抱子著。
「武徳鎌倉旧記」(1718年)1冊のみ。八文字屋自笑著。
「女庭訓御所文庫」(1767年)表紙欠損。下河辺拾水著。
「江戸往来」(1785年)蔦屋重三郎板。
「長崎聞見録」(1800年)第1巻のみ。廣川カイ著。
「名家灸選」(1812年)和気惟享著。
「大増補改算記網目大全」(1824年)全体に痛み。墨痕あり。
「棋醇」(1855年)乾・坤全2冊。本因坊秀和著。
「安政見聞誌」(1856年)表紙欠損。全体に汚れと痛み。仮名垣魯文編。
「國朝寶鑑」(明治期)写本。後宮尚宮著。
「教育勅語」(明治期〜大正期ごろか)草稿。三條實美の名前があるが、写しと思われる。
「高等學校獨逸語科教授要目案・高等學校獨逸語教官會議概録」(1914年〜1915年)草稿。
「現場人の評価に関する個人研究集録」(1954年)姫路市立琴陵中学校編。

〔掛軸〕
「淡路小学校校歌」(1913年)男爵・細川潤次郎の自筆。
「教育勅語」(1970年)秋山氏筆。
「三勅令」(明治中期ごろ)明治天皇御真影。
「山静似太古」(大正期〜昭和初期ごろか)全体に黄ばみ。
「小倉山和歌」(年代未詳)古筆切。
「菅公恩賜御衣」(明治期〜大正初期ごろ)中山秋湖筆。
「其機而動四海也……」(昭和初期〜昭和中期ごろか)全体に汚れ。

最終更新日(2011年11月10日)
posted by 事務局 at 10:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。